今、転職を考えている中年看護師に実践的なアドバイスを致します

新着記事

管理人

管理人本職は労務系のコンサルタントですが、中年看護師の転職サポートをしたことから、看護系の転職コンサルタント業務もスタートした46歳男性です。
このサイトについてのお問い合わせはコチラ

中高年看護師が意識すべきこと

中高年看護師が意識すべきこと中高年看護師はその勤務実績の長さから、経験豊富で知識、技術、ともに優れていると目されています。
実際に専門的知識と技術、思いやりの心で看護を実践する模範となる中高年の看護師は多いですが、それとは対極の位置にいる中高年の看護師もいます。それは後輩や同僚に対して威圧的で傲慢で、仕事もルーティンでこなしていて信頼の薄い看護師です。
そんな看護師にならないためには何を意識して仕事を進めていけばいいのでしょうか?

中年看護師に求められること

中高年のベテラン看護師となると仕事ができることは当然ですが、そこにプラスアルファとしてリーダーシップとコミュニケーション能力が求められます。このリーダーシップとコミュニケーション能力は一朝一夕に身につくものではありません。人によっては生まれつきこういった才能を持っている人がいますが、ごく稀です。一般の人は、時間の経過とともに意識して、努力をして身につけていくものです。

リーダーを目指して意識すべきこと

まず大前提として、人として健全で思いやりの心を持っていて、人間関係を円滑にすすめることができるということが必要です。この上に、長年の勤務の中で培った実践的な知識と技術が追加され、後輩や同僚を教育的な目線で見られることが肝要です。
それは、指導者としての意識の芽生えであり、リーダーシップの発露でもあるからです。実際の後輩や同僚の指導育成のためには、押し付けにならないようなコミュニケーション能力が求められます。それは、後輩や同僚の職務上の問題や問題意識を拾い上げ、自分自身の問題として引き受けると同時に、後輩たちと共に解決する手段を模索していく能力です。
そこでリーダーの役割を身につけていくことができれば、誰からも認められるベテラン看護師となることができます。当然それは、主任や看護師長などの管理的立場への第一歩です。

スキルアップのための教育プログラム

すべての中高年の看護師が上記のことを自主的に意識的に進められるといいのですが、実際はそうはいかないのが現実です。
そこで、ある程度の規模の病院では、新人から中堅、ベテラン看護師までが問題意識を明確にして、スキルアップを図れるような段階的教育メニューを用意しています。
看護師それぞれが、現状のレベルにおいて研修する項目と身につける能力が明示され、それを履修する都度、次の段階に進むことができるプログラムで、クリニカル・ラダーと呼ばれることもあります。

スキルアップとキャリアアップを図るためには、こういった教育メニューを持った病院に転職をするのも一つの方法と言えます。